呼吸器系に現れるシアリスの副作用

考えている男性

医薬品はどれも人体に対して何らかの作用を及ぼす成分を含んでいます。
そうした成分の中には本来目的とした作用のほかに目的としていない作用を及ぼすものも多く、こうした目的外の作用については「副作用」として呼ばれることとなります。
これはシアリスにおいても変わることはなく、他のED治療薬と比較すると副作用は緩やかであるものの、いくつかの副作用が報告されています。
では呼吸器系にあらわれるシアリスの副作用にはどういったものがあるのでしょうか。
まず比較的多く報告されている副作用としては「鼻閉」があります。
鼻閉とはつまり「鼻づまり」のことであり、シアリス服用後に鼻が詰まりやすくなったというような報告が比較的多くされています。
副作用が出る人は服用した人のうち3割程度とされていますが、呼吸器系に副作用が生じるというような場合にはまずこの鼻づまりの症状が出てくることがほとんどです。
この鼻閉症状に次いで報告数が多いのが「鼻炎」です。
鼻の粘膜に炎症ができることで鼻づまりが多く発生するようになったりすることが多いのですが、この鼻炎が副作用として報告されるのは、全体の副作用報告数のうち0.2~1%未満とほとんどありません。
万が一シアリス服用後にこうした症状が出た場合としても、鼻炎症状は風邪の代表的な症状の一つですから、単純にシアリスの服用中に体調を崩して風邪をひいただけということもあります。
またほとんど報告されていないものの、ごく一部には呼吸困難や喀血といったような症状が発生したという報告もあります。
これは報告全体の0.2%以下であり、シアリスを服用したとしても発生する確率はほぼ0%と言っていい状態です。
シアリスの呼吸器系に及ぼす副作用はこれらのようなものがありますが、もし不安がある場合には主治医などに確認し、詳細を確認するようにしてください。

サイト内検索
最近の投稿
2019年06月24日
呼吸器系に現れるシアリスの副作用
考えている男性